うめ先生の保育士ブログ

子どもたち一人一人を笑顔にする方法、教えます☆

5といったらさつまいも【保育教材】

子どもの時にみて印象に残っているお話ってありますよね?

私の場合は・・・

20181018184600

20181018184601

20181018184602

うめ先生のおもしろ保育セミナーでは「お話教材を一つ作る」というワークがあるのですが、毎回どのように題材決めをしているかというと

 

①季節感がある

②仕掛けがおもしろい

③あまり知られていない教材である

④短時間で作れる

⑤作る人の個性が出る

 

という条件を満たすものを考えています。

 

秋のセミナーでは上のイラストのように題材決めを行い、教材アイデアを練りました!

お話自体は知っている人もいるかもしれませんが、画用紙1枚で作る仕掛けシアターは私が考えたものなので、うめ先生のセミナー参加者しか同じものを持っていません。

 

せっかく考えた仕掛けシアターですし、題材も「さつまいも」や「魔法使い」と、この季節にぴったりなのでブログ読者のみなさんにも、この教材の作り方を販売することと致しました。

 

◎内容

20181018184559

5といったらさつまいも 仕掛けシアター

●5といったらさつまいものお話動画

 (仕掛けシアターを使ってうめ先生がお話をしています。)

●仕掛けシアターの作り方動画

●5といったらさつまいも あらすじ

●型紙

※教材作りに必要な画用紙はご用意下さい。(四つ切サイズ推奨)

よりオリジナリティ溢れる作品を作って頂きたいので、型紙は絵の輪郭が描かれているくらいのものです。画材はご自分で好きなものを選び、お好きなタッチで描いてください。登場人物の表情などもご自分で描いて頂くようになっています。絵が得意な方は型紙は無視して、ご自分の思う絵を描かれて下さい。

※この教材製作は絵を描く(塗る)作業が中心です。3歳以上のお子さんであれば大人と一緒に製作を楽しめると思います。ご家庭でも是非。

◎この教材を作った方の声

9月10月にうめ先生のおもしろ保育セミナーに参加した先生方(学生さん含む)はこの教材を作っています。実際に作って子ども達に見せた感想を送って下さいました。

 

●K先生より

セミナーで作ったもので「5といったらさつまいも」やりました。もう一回観たい!!といってもらえました。

●T先生より

セミナーで作ったものを家で完成させ、早速未満児の子ども達に見せたところ、子ども達釘付けでめっっちゃ真剣にみてました。わたしなりにアレンジも加えて子ども達もまたやって!と言うほどいい作品です。ちょうど月末にさつまいもの収穫祭のため、また見せたいと思います。

◎今回購入された方の声

さっそく購入して下さった方がInstaglam内にコメントくれたので掲載します。

 

●I先生

チラ見せ動画(※)を息子と見ていたら、作ってみたいというので早速購入させて頂きました。

※チラ見せ動画とは私が教材作りの説明動画の最初のところを少しだけLINEで配信したものです。

 

 ◎料金

通常 1500円 のところ販売開始記念ということで

今日から1週間限定10/25まで1000円で販売致します。

※動画販売なのでキャンセルや返品は出来ません。ご了承下さい。

◎購入方法

BACEの「うめ先生ショップ」から商品をご購入下さい。

こちら▼

umesensei.official.ec

 

決済完了後、動画URLとプリントを印刷するための予約番号を発行致します。

◎注意事項

・動画の販売なのでキャンセルや返品は出来ません。いかなる理由があっても返金は出    来かねますのでご了承下さい。

・動画や作り方、型紙など商品の再配布や内容の開示、SNS及びWEBなどへのアップロードは禁止とさせて頂きます。お勤めの園や、ご家庭でのみ、お楽しみ下さい。

◎ご連絡

9月、10月の「おもしろ保育セミナー」参加者のみなさまには無料で動画プレゼント致します。作り方のおさらいなどに活用出来ますので必要な方はご連絡下さい。

11月の「おもしろ保育セミナー」に参加のみなさまはセミナー終了後に動画プレゼント致しますね。

 ◎このお話は

イラストにも描いていますが、私が4歳の時に担任の先生がお誕生会の出し物でしてくれたペープサート。それがこの「5といったらさつまいも」でした。

前日に先生が電気を消した保育室で、魔女に色塗りをしていた姿も覚えています。先生の描いた魔女は、私の描く魔法使いと違いとても怖くて(まさに魔女って感じで)、お話もとてもドキドキしました。演じ方が上手だったんでしょうね。

その日いちにち、私は「うっかり5って言ったらどうしよう」「サツマイモになったらどうしよう」と緊張して過ごしました。

 

自分が演じたお話が、そんな風に子ども達の心に残ったら嬉しいですね。

この教材をきっかけに、あなたが子ども達の心に残るような素敵な時間を作れることを祈っています。