うめ先生の保育士ブログ

子どもたち一人一人を笑顔にする方法、教えます☆

うめ先生流!辛い気持ちの乗り越え方

毎日みなさんからたくさんのご相談を頂きます。

ちょっとした保育に関する質問であったり、パパママさんからの育児相談や保育園とのトラブルについての相談であったり。保育学生さんの友達関係のことや保育の職場での人間関係のことなど。

「うめ先生に相談してみよっかな」

と思ってもらえることは嬉しいです。

 

ただその悩みの中でも

「辛い。辞めたい。何もしたくない。」

と心を傷めている状況には私も同じように心が痛くなります。

 

今日はそんな風に悩んでいるあなたへメッセージを書こうと思います。

これは私が、自分が壁にぶつかる度に乗り越えてきた方法であって、あなたには合わないかもしれないし、「そんなの無理」って思うかもしれません。

もしそうであれば遠慮なく無視して下さって結構です。

このままこのブログをどうぞ閉じてください。

 

「なるほど、そんな方法があるんだな」

「うめ先生はそうやって苦境を乗り越えて来たんだな」

とかるーい気持ちで読んで頂けたらそれだけで充分です。

 

でもうがった見方をせず、素直に実践して頂けたら効果があると思います。

何故なら私自身この方法でたくさんの壁を乗り越えてきたからです。

 

うめ先生流

辛い気持ちの乗り越え方!!

1心に溜まった膿を全部吐き出そう

紙とペンを用意します。紙はチラシの裏紙とか書き損じの紙で結構です。

用意したら自分の気持ちをぜーんぶ書きます。文章にする必要はありません。きれいに書く必要もありません。まるで英単語を覚えるかのごとく、余白がなくなるくらいに自分の気持ちを紙に吐き出して下さい。

この作業は一人ですることをおすすめします。自分の中のどろどろした気持ち全部全部全部紙の上に出してしまうのです。辛い気持ちと向き合うというのはとてもしんどいことなので、この作業中涙が出ることもあるでしょう。でも書き続けてください。

書き終わったら、その紙は捨ててください。二度と見る必要はありません。

 

この作業を紙ではなく人に対してすることはお勧めしません。相談する方はすっきりしますがされる方はどうでしょう?もし誰かに共感して欲しいのなら本当に信頼できる人だけにしておきましょう。無償であなたを受け入れてくれるくらいの関係の方がいいですよ。

 

紙に書かず、人知れず叫ぶ!というタイプの方もいます。周囲の人に聞かれず、その方がスッキリする方はそれでOKです。どちらにしても心に溜まった膿を出してしまえばいいのです。

2思ってなくてもプラスの言葉を言ってみよう

1の作業で多少スッキリしたはずです。まだもやもやしてる人はもう一度1の作業に戻って下さい。

スッキリはしてもいきなり自分に起こっている物事をポジティブに受け入れることは難しいと思います。それは普通のことです。それでいいんですが、ここからはすべてポジティブなプラスの印象を与える言葉を敢えて口にします。口に出して言うことがポイントです。

「今からいいことがありそう!」(思ってなくても)

「すごく元気になった!」(元気になってなくても)

「突然解決した!」(解決の見通しがなくても)

 

人は不思議なもので、口に出しているといつのまにかそんな気持ちになれるものなのです。ここからはマイナスの言葉、ネガティブな言葉は封印しましょうね。「でも」「だって」も禁止ですよ~。

3このことは何か意味がある・・・その意味って?

私は自分に起こる物事について「このことは何か意味がある」と考えるようにしています。(うめ先生のこころざしという記事にも書きましたね。)

その意味を自分で考えるんです。このことが自分にとってどんな意味をもたらすことなのかを自分なりにじっくり考えます。

この辛い事象は逃げることを学ぶために起こったのかもしれません。

この辛い事象は人の痛みをわかるために起こったのかもしれません。

この辛い事象は自分に新たな道を示すために起こったのかもしれません。

正解は自分で決めていいですし自分にしかわかりえないことですが、そんな風に探りながら意味を考えるのです。

4自分の考えに従う

 

1から3まで実行したら、自分の気持ちがすっかり整理され今後どうしたいのかも答えは出てきます。そしたらその自分の考えに素直に従うのみです!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

うめ先生流辛い気持ちの乗り越え方はこの4ステップです。

簡単に思いましたか?効果なさそうって思いました?

先にも言いましたが私自身がそうやって壁にぶつかる度に乗り越えてきた方法なので、かなりおすすめ出来るのですが、残念ながらこの方法は素直な気持ちで実行しないと効果がありません。

 

辛いことが起こったとき、起こっているとき、どうしても「辛い!!」と言う気持ちに焦点をあててしまいがちです。しかしそこに留まっていてはずっと辛さを感じ続け、自分の心を折ってしまうことになりかねません。

せっかくのあなたの時間を、あなたの人生を、台無しにしてしまってはいけませんよ。

 

「うめ先生は元々ポジティブだからそう考えられるんでしょ!」って思う方がいるかもしれませんが、実はそんなことありません。というかありませんでした。

私は子どもの時から物事や人の気持ちにとても敏感で、些細なことに傷付いたり、落ち込んだりする方でした。

お気に入りのブレスレットが切れたら「何か良くないことがあるかも」と不安になり、先輩同士が話しているのをみたら「私のことを言ってるのかも」と心配になり。

(書いてるだけでメンドクサイわ、前の私!!笑)

 

だけどそんなネガティブな自分にはほとほと疲れたんです!!!

それである日、そんな自分に「メンドクサ」と呟いたら何だかふっとラクになって、「ネガティブやーめた」って呟いたら元気になったんです。

その頃から何か嫌な物事があると、その4ステップをします。言葉の効果は本当にすごいです。自分の発する言葉は特にすごいです。

 

この4ステップで得たものが実はたくさんありまして。

これは前向きに切り替えたことでもらえたおまけみたいなものだと思うんですけど、自分の望む生き方、生活など。発する言葉を変えるだけで意識は変わり、それだけで自分の望む自分が手に入るんですね。

そのことはまたいつか機会があったらお話ししますが・・・

 

あなたの時間です。あなたの人生です。

悩むのはいいんですが、その悩みにずっととらわれて心を折らないで下さい。

あなたが笑顔で過ごせるように祈っています。

 

 

保育士ブログというより自己啓発ブログになっちゃったけどまあいいや笑