うめ先生の保育士ブログ

子どもたち一人一人を笑顔にする方法、教えます☆

保育士が子どもの様子を忘れずに記憶するコツ

新人保育士さんから、こんなご相談を頂きました。

 

20180710002553 20180710002554

 園によって形式は違うと思いますが、保育士用クラスの連絡簿。 

 

特に未満児クラスでは、食事量や排便状態と回数。

年齢が下がれば、睡眠時間や検温など、その記録は詳細になるのですが・・・。

  

業務や保育に追われて、つい書きそびれてしまう。

 

20180530163829 20180530163830

・・・そんなときのために!

と手に書いておいたメモ。 

 

いざというときに消えている。

完全に消えてはいなくても、ぼやけてしまい、名前が似ている子どもの情報がわからなくなってしまう。

  

仕方がないので、自分の記憶をたどろうとするも、思い出せない・・・。 

20180710002557

 連絡簿に記載する細かい子どもの様子だけでなく、一日の子どもの姿も、夕方には曖昧になってしまう。 

 

20180710002558

そのため、先輩保育士のように、保護者に子どもの様子を詳細に伝えることが出来ない。

  

新人保育士のみなさん。

このような経験していませんか?

  

なんで先輩は、子どもの様子をそんなにしっかり覚えてるんだろう。

連絡簿の記入もトイレに行くたびに書くというより、大体のことを記憶しているみたい!!

  

・・・と、不思議に思っている方もいるかもしれませんね。

実はこれ、たったひとつのコツがあるのです。

今日はそのコツをみなさんに伝授します!

 

子どもの様子を記憶出来ない。

まずお伝えしておきますが、これはあなたが必死に仕事をしている証しでもあると思います。

  

保育園での仕事は多岐に渡ります。

保育、子どもとの関わりをしながらも、雑務、保育準備や掃除などをこなしていかなければなりません。

  

まだこの仕事に就いて日の浅い先生方は、それらの仕事をこなしていくのに必死で一生懸命なのでしょう。

業務に追われて、大事なことが抜けているのではないでしょうか?

  

子どもをみていない!

とは言いませんが、一人一人の子どもをみるという行為への深み(子どもへの愛)

が、足りてないのでないでしょうか?

  

例えば、排便の状態や回数の記録が必要な、排泄の援助。

  

何人もの子どもたちが、一日に何度もトイレへ行きますね。

その援助を流れ作業のようにこなしていては、子どもの様子は心に残りません。

  

○○ちゃん終わったね、ハイ拭いて、流して。

△△ちゃんと代わって~。

あ、□□くんトイレ来てないよ!!

早くトイレ座って!!

○○ちゃん早く代わって~。トイレで遊ばないの!!

  

このように流れ作業のようになっては、それはもはや排泄の援助ではありませんし、子どもの様子が心に残らなくて当然です。

  

子ども一人一人へ愛を込めて関わるとどうでしょう?

  

○○ちゃん、朝に園で良便1回・・・がいつものことなのに今日はしてないな。便秘気味かな?様子見しておこう。

△△ちゃん、トイレには来るのによく見ておかないと、便座に座らないまま保育室に戻っちゃうから気をつけよう。

□□くん、いつもと同じく食後に良便1回。よしよし!今日も元気だな♪

  

子ども一人一人への愛があれば、このように子どもへの見方が変わります。

  

これは排泄援助に限った話ではありません。

子どもと関わる一日を、流れではなく、子ども一人一人に、視点を置く。

  

朝子どもを受け入れたその瞬間から、いつもに比べて、その子どもの様子がどうあるのか。

一日一緒に過ごしていく中で、小さな変化を見逃さず、愛を持って、じっくり関わる。

  

今日は朝から機嫌が良くて、よく動いたから、食欲も旺盛だー!

嬉しいな♪

遊び疲れて、給食食べながらウトウトしてる!

可愛いなー♪

また水槽の前でメダカ見てる!

生き物に興味津々だ。

  

子どもが好き!だけでは保育士として足りないんです。

この子が好き!と一人一人をしっかり好きになって、しっかり愛する。

  

そうすると、自然に、

  

保護者に渡す連絡ノートの記入も、送迎時に保護者に子どもの様子を伝えることも、

「何か話さなきゃ!何か伝えなきゃ!」

ではなく、

  

「ああああ!可愛すぎる!この出来事を伝えたい!」

「ああああ!嬉しすぎる!○○ちゃんが出来たこのことを伝えたい!」

という伝えたくてたまらない気持ち、子どもへの愛しさが溢れる気持ち、誰か同じ熱量で聞いてくれーーーーー!!!!

  

・・・と変わっていくことと思います。

 (親バカならぬ、先生バカというやつですね笑)

  

こうなると、子どもの様子が思い出せない・・・なんて状況にはならないのです。

  

わかりましたか?

つまり、子どもの様子を忘れずに記憶するコツは、

  

子ども一人一人と、愛を持って関わる。

  

難しく感じますか?

でも、子どもが好きで保育の道に来たあなたなら、きっと大丈夫です!

  

そろそろ仕事にも慣れてきたハズ。

業務に追われず、しっかり一人一人と向き合ってください。

  

子どもたちの姿が頭から溢れてとまらない!

メモなんて必要ないくらい!!

・・・となったとき、本当の保育の面白さが始まります!!!

  

 

わくわくするね☆