うめ先生の保育士ブログ

子どもたち一人一人を笑顔にする方法、教えます☆

保護者の気持ちに寄り添う

今回は私自身の失敗談からお話します。 

 

保育士になって2年目。

初めて自分が主担任となった1歳児クラスでのこと。20180510171600

20180510171601

「ももちゃんはなんで夜泣きがひどいんだろう」

夜泣きの原因や夜泣きをなくす方法ばかりに

気をとられていました。 

 

たくさんの育児書を開いてみたり、

夜泣きについて書かれた文献を探してみたり、

  

その結果、

ももちゃんのママに投げかけた言葉は、本で得た知識。

 

今思えばそれは、

ももちゃんのママを追い詰めただけではなかったでしょうか。

  

ももちゃんのママはいつも協力的で、

クレームなど一切ありませんでしたが、

それは他でもないももちゃんのためであり、

もしかすると

「先生のいう言葉に落ち込むけど、頑張ってくれてるのわかるしね、、」

と察して頂けていただけなのではないでしょうか。

  

もちろんそんなことでももちゃんの夜泣きはおさまりませんでしたが、

当時の私は自分の非に気付くどころか、精一杯やったと自己満足をしていました。

(本当に恥ずかしいし、申し訳ないです)20180510171602

 数年後、私自身、夜泣きのひどい子ども2人を抱え、

その時になってやっと知ったのです。

 やっと。 

 

ももちゃんママの大変さを。

苦悩を。 

 

夜中に絶叫し暴れて泣く我が子2人を抱きながら

私はももちゃんママのことを思い出さない日はありませんでした。

  

どうしてあの時、

ももちゃんママの気持ちに寄り添ってあげられなかったのか・・・。20180510171603

「しんどいですね、ママは眠れていますか?」

「お仕事平日休みの日があるなら、ももちゃん預けて少し休まれてはいかがですか?」 

 

夜泣きの原因を説かれるより

そんな寄り添いの言葉は、よほど救いになったと思います。 

 

当時の私は必死ではあったけれど、

「保護者の気持ちに寄り添う」

という大切なことに欠けていたと思います。 

 

子どもと向かい合っていくだけが保育ではないんです。

保護者と向かい合うことも大切なこと。

  

自身の失敗談を話すのは本当に恥ずかしいのですが、

多くの保育学生さんや新人保育士さんに

このブログを見ていただけるようになったので

あえて書くことにしました。 

 

どうか私のような失敗をしないでね。

保護者の気持ちにそっと寄り添える、そんな先生でいてください。