うめ先生の保育士ブログ

子どもたち一人一人を笑顔にする方法、教えます☆

保育士ノートのすすめ

20180425195413

 

保育雑誌は色々あるし、ネットを開けばたくさんの情報が溢れているけど

自分の経験こそ財産。

だけど、経験がかさむにつれ、記憶が曖昧になることも…。

 

前に、子どもたちとスライム作って遊んだけど

何歳児でしたんだっけ?何用意した?何月だった?

やってみて困ったこともあったかなー?

 

2歳児さん、イスの片付けいつから自分でしてたっけ?

そろそろ挑戦してみようかなー?早いかなー?

 

などなど、日常の保育で浮かんでくる

「あのときどうしてたかな?」

っていう疑問結構ありますよね?

特に行事計画書や日誌などの書類に残っていないささやかなこと。

 

私はそんな保育のささやかな記録を「保育士ノート」として、毎年残しています。

まぁ早い話が、備忘録。雑記帳、というわけですが、コレが本当に便利なのです。

 

スライム遊びしたのは…どれどれ?あー、きりんぐみ、4歳児か。

スライムが床でつぶれて大変って書いてあるな。

次はブルーシート敷いてみよう!

 

最近担任した2歳児は2年前だな。どれどれ?

今のクラスより、イスの片付けの取り組み早かったみたい。

イスの片付ける場所、グループごと印つけるって書いてる、そうしよう!

 

このような感じで保育士ノートがあれば、日々の保育の参考にすることが出来ます。

(あくまで参考で、活動は子どもたちをしっかりみて計画しましょうね)

 

では、この保育士ノート、具体的にどのようなものかといいますと…

  

20180425195409

 

そう!普通のB5ノートです!

だけどこれがお勧めです。

なぜなら、

薄くて、持ち歩いてもかさばらない!

年に1冊としても、保管に場所をとらない!

からです。

 

ただ気をつけていただきたいことがひとつ!

 

毎年同じサイズのノートにしましょう。

大きさがバラバラでは保管に不向きです。

 

  

20180425195410

私は本棚に並べたときにわかりやすいよう背面に、年度を書いています。

ノートが何冊にもなるくらい、保育士経験が増えると素敵ですね☆

 

中身は…

 

20180425195411

 

これは4月のページです。

「製作」「歌」などのカテゴリーでページをわけると、ページ数の振り分けが難しいので、簡単に月ごとにしています。

 

クラス会議(担任間での話し合い)の都度、その場で書き込んでいます。雑な字ですが、「自分がわかればいい!」と割り切っています。

きれいに書こうとか、わかりやすくカラフルに…などと思うと、書くことへのハードルがあがり、「時間のあるときに書こう」と先延ばしになってしまいますよね?

結果書かずに終わっては意味がないので、雑でもいいのです。

 

記録しておきたいことが浮かんだらすぐに書く!

これが継続のポイントなので、月によっては、内容の順序が違ったり、

運動会や発表会など大きな行事の月は、2ページ以上使っていたりもします。

 

見ていただけたらわかりますが、

保育室の環境構成、製作、歌、保護者にお願いしたことを記入したり、

子どもの動き、それに対して保育士がどう分担して動くか…

など担任間の連携も書いています。

 

新年度に園から配られる、あるいは保育雑誌の付録でついてくる

保育士ダイアリーやスケジュール帳ではだめなのか???

  

20180425210818

    ↑なんかきたなくてすみません、、

 

コレですね。

B5ノートでなくても、こういったダイアリーやスケジュール帳のほうが使いこなせる!というかたは、それでもいいと思います。

 

ただ私は、手帳は手帳として使いたいタイプということ、

保育士ノートの一部をコピーして、ひきつぎの時に、次の担任に渡すようにしているということで、普通のノートに決めています。

 

あくまで私のやりかたですので、これを参考に、自身の保育士ノート、

ぜひ作ってみてくださいね。